技術紹介

技術紹介

NC旋盤加工

生産性・精密性・省力化の面で優れている

NC旋盤加工NC旋盤の「NC」は「Numerical Contorol」を略したものです。訳すと、「数値制御」という意味になります。回転している素材に刃物をあて、円状や筒状に加工を行い、複雑な形状でも部品を加工をすることが出来ます。

門型マシニング加工

複雑な形状の部品加工などに効果的

門型マシニング加工は、マシニングセンターという工作機械を使って、切削・穴あけ・曲面加工などさまざまな加工が出来ます。
加工を施す工具が回転移動し、切削する加工方法なので、複雑な形状でも部品を加工することが出来ます。

フライス加工

工具の種類により多彩な加工が可能

フライス加工は表面や溝を削るのに行う加工です。表面を加工する正面フライスと、溝などを加工するエンドミルに分類されます。刃物を回転させながら、移動させて切削します。平面削り・溝削り・正面削りなど、工具の種類により多彩な加工をすることが出来ます。

溶接加工

ネジ接合よりずっと大きな力

電気・ガス・化学反応などを利用して、金属など同種類の部材を溶融・半溶融化させ、ネジ接合よりも高い耐久性をもつ金属溶接は、金属加工の代表的な技術になります。 金属と金属をつなぐために大切な加工方法です。

萩原製作所では多種多様な分野に幅広く対応をさせて頂いています。金属加工のことなら、どんな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

メールはこちらから